大きくする 標準 小さくする

これまでの活動

第一回読書会を行いました。

2009/05/23 活動報告

第一回読書会を行いました。 参加者は5人。 紹介された本は 加藤 「プロジェクトブック」阿部 仁史 (著), 本江 正茂 (著), 小野田 泰明 (著), 堀口 徹 (著) チームでプロジェクトを進めるにあたって、使えそうなキーワードがたくさん。1つ1つのキーワードが見開き完結で纏めてあるので、ちょっと時間のあるとき、アイデアの出ないとき、頭が堅いなーと思ったとき、パッと開いて読めます。チームで動く人におすすめ。c棟の共有本棚にあります。 小林 「古民家再生住宅のすすめ」宇井 洋 (著), 石川 純夫 授業で読んだ本。古民家再生住宅をつくりたい一般の人向け。施工の流れ、図面等も一般の人にも分かりやすいように書いてある。 仙台市長町に「びすたーり」という古民家改修カフェがあります。ttp://www.bistari-nagamachi.com/ 会沢 「7つの習慣 成功には法則があった!」スティーブン・R. コヴィー (著), ジェームス...

Shin 第二回設計会「海に住む」

2009/05/18 活動報告

2009/5/15(金)20:00~新潟大学工学部の製図室にて第二回設計会を行いました。今回は3年生も参加してくれて、合計8人で行いました。前回同様、2人1組のグループ設計で制限時間は1時間。出題者は秋山でテーマは「海に住む」です。目的は、海という敷地に人が住むことの可能性を探ること。キーフレーズは、温暖化による海面上昇や、海のもつ陸地とは異なる魅力。 出来上がった作品のタイトルは「海に浮かぶ銀河」、「Free アイランド Farm ~島で農業自由な生活~」、「BUOY HOUSE」、「水上拠点」です。 全体的にインフラやコミュニティといった生活環境に視点を置いた案が目立ちました。インフラや陸地の有無により、それらの代わりになる空間を海へ設けるかどうかが決まり、アイディアの方向性も変わっていくようです。また、海のイメージからか「漂う」や「円形」を設計に取り入れた案が多く見られました。難しいテーマ...

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

アーカイブ

カテゴリ